歯科システム デジタルパノラマ装置 PaxrakD

デジタルパノラマ装置 PaxrakD パックスラックD

PaxrakDの特長

優れた画像の獲得が可能

CCDTDIセンサーで高速・クリアーな画像を得られます。

シンプルデザインの追求

設置スペースを選ばない小型・軽量化を実現しました。

患者さんへの負担軽減

3ラインビームで患者さんの位置づけを簡単にしました。

使用者のことを考えた設計

左右どちらからでも操作できるハンディー式制御パネルです。

パノラマ画像

ページの先頭へ戻る

PaxrakDの装置仕様

一般的名称

デジタル式歯科用パノラマ・断層撮影X線診断装置

販売名

パックスラックD

医療機器認証番号

222AGBZX00096000

整流方式

直流インバータ方式

管電圧

2mA~10mA(1mAステップ)

総ろ過

2.7mAL

拡大率

1.25~1.3倍

ピクセルサイズ

96×96μm

重量

約165Kg

形式

PxR

電源電圧容量

単相100V 50/60Hz 2kVA

管電圧

60kV~90kV(1~5kV Step 出荷時設定)

焦点サイズ

0.5×0.5(mm)

照射時間

パノラマ撮影・TMJ撮影:12秒

受像部

CCD・TDIセンサー

寸法

820mm×1040mm×2250mm

パソコンOS

WindowsXP・Windows7

ページの先頭へ戻る

PaxrakDの寸法図と製造元

製造/販売元 株式会社近畿レントゲン工業社

ページの先頭へ戻る